恋が実れば、ロマンスも消える

恋が実れば、ロマンスも消える

恋を形而上に結びたかったのは、むしろ私の方かもしれない。

恋が実れば、ロマンスも消える。
ロマンスがなくなれば、創造の火も消える。

恋する者同志がカフェで向かい合い、
その想いの全てを語り尽くした瞬間、
恋の甘い苦しみも消えていくように。

触れるか、触れないかの、張り詰めた距離感が、
互いの存在をいっそう特別にした。
越えたいけれど越えられない禁忌が、
互いの希求をいっそうかきたてた。

「もっと一緒にいたい、だけど一緒にいられない」――

その餓えるような想いこそが、私とあの人の「恋」だった。

だからこそ言葉も生まれた。
満たされぬ現実を必死に埋めようとして。

伝えきれなかった想いは、これから別のものに向かうだろう。
それが一つの何かに結晶した時、私の恋も報われるのだ。

物語は未完の現実から始まる。
創造が無から何かを打ち立てていくように。

片言隻語

安心とともに、恋した日の感動も失われ、だんだん日常と化していく儚さを謳ったものです。

誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO Author

作家・文芸愛好家。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚の小説を手がけています。東欧在住。作品が名刺代わり。Amazon著者ページ https://amzn.to/3VmKhhR

当サイトの商品リンクにはアフィリエイトを含みます。

目次 🏃