恋は美しく ~ロマンチックな気持ちを大切にしよう

恋とは、本来、美しいものです。

長く付き合えば、嫉妬、怒り、不満など、醜い感情も湧いてきますが、人を恋い慕う気持ちは、月の光のようにロマンティックなもの。

美しい情感を抜きにして、デートやメッセージを迫っても、二人の間には何のロマンスも生まれません。

「見つめる」「触れる」「語り合う」……etc

恋すればこそ、相手の何気ない仕草や言葉の一つ一つが胸に響き、あなたの姿もまた、相手の心に美しく映えるのです。

ロマンスのない関係は脆いです。

なぜなら、カップルでいる意味がないからです。

恋は二つの魂を一つに結ぶ為の魔法であって、相手をつなぎ止める為の鎖ではありません。

魔法のような力で引き合ってこそ、恋人同士です。

デートやメッセンジャーだけで繋がっているのは、単なるなれ合いです。

ネタがつきれば、お互いに飽きて、後には何も残らないでしょう。

恋をすると、どんな女性も美しくなります。

それは美しい想いが言葉や仕草に現れるからです。

片思いだろうが、悲恋だろうが、結果は関係ありません。

恋とは、純粋に人を恋い慕うことに意味があるのです。

惰性で繋がり、「あれしてくれない、これしてくれない」と不満ばかり並べても、決して結ばれることはありません。

恋の美しい部分で繋がった二人が、いつまでも幸せなカップルでいられるのです。

誰かにこっそり教えたい 👂
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今日のひと言

お節介のいちばん悪い点は、自分だけ高い位置に立ち、相手を見下すところです。
あなた自身は、夫や恋人に助けてもらいたいと心の中で願っていませんか?
「誰かが私の問題をすべて解決し、私の責任まで負ってくれたら、どんなに楽だろう」と思っているのではありませんか?
Love Log

この記事を書いた人

MOKOのアバター MOKO Author

作家・文芸愛好家。アニメから古典文学まで幅広く親しむ雑色系。科学と文芸が融合した新感覚の小説を手がけています。東欧在住。作品が名刺代わり。Amazon著者ページ https://amzn.to/3VmKhhR

当サイトの商品リンクにはアフィリエイトを含みます。

目次 🏃